日本人はなぜ「ランキング」というキーワードに弱いのか

seesaaブログの方はアクセスランキングも落ちてきたし、、、

あ~何かDVD借りようと思ってもTSUTAYAランキング、、、

モノ買うのに「価格com」”満足度ランキング”・”売れ筋ランキング”・”注目ランキング”

なんじゃこの世は

「ランキング天国」じゃないか(笑)

で、このサイトにたどり着いたということは、、、

「あなた、”ランキング”って言葉に弱いわね!」

matukoかく言う、私も弱い、、、つい買ってしまうランキング2~4位あたり(汗)

以前、「日本人はブランドに弱い」という内容を書きましたが、今回は

「日本人はなぜ『ランキング』という言葉に弱いのか」

を検証しました!

TVやネット、いろんなお店で目にする「○○ランキング」
このサイトのタイトルでもある「スーツケース人気ランキング」や、
ブログランキング、アニメランキング、カラオケランキング、映画ランキング、
挙げればキリがない「ランキング情報」のオンパレード!
日本人に限らず、世界中でランキングというワードが氾濫しています。

ちなみに私もランキングという言葉にすぐ反応するタイプです(*´∀`*)ノ

  • 人気のあるものがすぐにわかる、
  • 人気があるなら良いモノなんだろう、
  • とりあえずこれ!というトレンドを押さえられる
  • 人の評価や目が気になるから、

という基本的な理由と、その他の心理的な要素も影響しているんです!

「ランキング」に惹かれる理由は、
  【共感・共有願望】といって、
他人と同じだと安心する、他人と喜怒哀楽を分かち合いたい、
周りの評価が気になる、どう思ってるか知りたいという気持ちが生まれて、
いつの間にか「ランキング」というキーワードに惹かれてしまうんです。

自分では意識していなくても、知らず知らずのうちに、
人や人の持っているモノのマネをしてしまうんですねー。

ちなみに、女性のほうがこの共感願望が強いので、
友達やあこがれの人の行動や持ち物が気になってついマネをしやすいんです。

 ちなみに、日本人はよく他人のマネをするとか、流行のものに飛びつくとか、流されやすいとか、バカにされがちですが、別に悪いことではないですよね。

だって、他人と共感したいってことは他人に興味があるってことですもん。
ヨーロッパのとある個人主義が進んだ国に住んでたことがあるけれど、たしかに「自分は自分」というスタイルを貫いててかっこいいなぁと思う反面、ちょっとさみしい気持ちにもなりました。
個人主義って、裏を返せば
「他人には興味ないよー、自分にしか感心ないよー!」ということなので、

日本人の、何かに向かって一緒に盛り上がれる国民性って素晴らしい♪

とはいっても、ある程度は自分の頭で納得することも大切です(笑)

コメントは受け付けていません。